VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ウォーターポンプからの水漏れ対策

2   0

昨年末以来,ウォーターポンプ部からLLCが漏れるようになっていたため(「年末...」),アマゾンさんに対策をお願いしました。

まずはファンやシュラウドを外し,タイミングベルトのカバーを外します。
そしてロアーホースのポンプ側のクランプを緩めてLLCを排水していきます。

080113_1.jpg

LLCが抜けたらポンプ本体を外して点検します。
原因としてガスケットの劣化もあろうかと思っていましたが,ガスケットは問題なさそうです。

080113_2.jpg

そして本当の原因はOリングの劣化でした。
ポンプとエンジンの間のOリングが劣化して隙間ができ,そこから漏れていたようです。

080113_3.jpg 080113_4.jpg

新旧を比較すると,かなり変形していたことが分かります。

080113_5.jpg

このOリングの交換で作業終了のはずだったのですが,ポンプを組み付けてLLCを戻し,エンジンをかけて様子を見てみると...今度は,ヒーターコアへつながる配管のジョイント部から漏れが発生!
当初この部分からは漏れていなかったのですが,この部分のOリングを見てみるとやっぱり劣化しています。

080113_6.jpg

ヒーターコアへの配管も経年劣化で腐食し,ポンプとの接続部は変形してしまっています。

080113_7.jpg 080113_8.jpg

この部分の小さいオーリングは交換を予定していなかったため,その場でディーラーに部品の在庫確認をしてみましたが「市内在庫なし」との回答。
そこで,本来は配管も含めて交換が望ましいものの,今回はシーリング剤での応急処置とすることにしました。
配管に同系色のシーリング剤をたっぷり塗っておき,劣化したOリングの隙間を埋めます。

080113_9.jpg

この後,再度LLCを充填してエンジンを始動してみたところ,無事LLCの漏れは止まっていました。
想定外のトラブルで作業時間も長くなりましたが,これでひとまず安心です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[今回の費用]
 ・ ウォーターポンプ・Oリング(大) ¥1,000くらい
 ・ 作業工賃 ¥気持ち

[現在の走行距離] 129,626km

SHARE

-2 Comments

aun says...""
って言うか・・
今日すごく寒かったでしょう。

エライ!

オイル交換しなきゃなぁ~
2008.01.13 22:28 | URL | #qwOj4Czw [edit]
シュウ says...""
■ aunさん

> って言うか・・
> 今日すごく寒かったでしょう。
寒かったですね~(>_<)
でも,作業はアマゾンさんがやってくれたので,僕はそばで邪魔していただけです。笑
水漏れくらい放置してもよかったんですけど,やっぱり緑の水が出ているのを見るのは気持ちの良いものではないので年明け早々お願いしました。

アマゾンさんがおっしゃってましたが,240については次第に純正部品がなくなってきているそうです。
ディーラーで在庫していない部品も結構あるようです。
2008.01.14 08:47 | URL | #MklatxYg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/136-0f08f6ab
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。