VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

購入顛末① 動機

1   1

そもそも,なんでボルボだったのか?

さかのぼること7~8年ほど前,札幌に来たばかりの僕は,豊平区のとある喫茶店でアルバイトをしてました。
その喫茶店というのが素晴らしくセンスの良いお店で,マスターのこだわりが随所に発揮されていました。
そのマスターが乗っていたのが,白の240セダン。
年式など詳細は覚えていませんが,たしかフェンダーに黄色のステッカーが貼ってあったと思います。
マスターから「なぜ”ボルボ”なのか」,「なぜ”240”なのか」ということを聞くにつれ,次第に240に神性すら感じるようになっていました。笑
とはいえ,当時学生だった僕にとって,3ナンバーをそれも外車を維持するなど債務整理行き片道急行券を買うようなもので,どう考えても無理な話だったので,そのときはきっぱりあきらめました。

それから月日は流れて2006年冬。
社会人となり,ボルボのことなどすっかり忘れ去っていた僕でしたが,そのとき乗っていたトヨタの車検を前に,大掛かりな修理が必要なことが分かっていたため,直して乗るか,それともいっそ買い換えるかで頭を悩ませていたのです。
そんなとき,久しぶりに友人のクニさんと会ってみたら...なんと,ボルボの240ワゴン(シルバー)に乗ってる!
もともと音楽仲間のクニさんと車の話などしたこともなかったので,まさかこんな形でボルボ,それも240と再会するなんて思ってもみなかったのです。

それからは240のクラシックなたたずまいに完全に魅了されてしまい,かつて神性すら感じていた僕は「この車しかない!」とほとんど病的な思い込みに陥っていきました。
これにクニさんからの「DIYでメンテすれば維持費安いよ~」という悪魔のささやきが最後のひと押しとなり,再会してから1週間後には完全にKO。
しぶる家族を説き伏せて,さっそく情報収集を開始したのでした。

(つづく)

SHARE

-1 Comments

KUNI says...""
フフフ・・・・
悪魔です(^^;

札幌で240クラブ作らなきゃね!
2006.06.06 00:19 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。