VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

アンテナスイッチ取り付け

3   0

TACKにはアンテナのDOWNスイッチが装備されていません。
アクセサリONで自動的にアンテナが伸び,アクセサリまたはオーディオをOFFにしないとアンテナが降りない...って,なんか嫌。
購入以来,ずっとスイッチを付けたいと思っていました。

つい先日,某オークションで発見。 3,000円で落札しました。
たまに出品されますが,もっと高い値段がついていることもあるので,これくらいはやむなしです。

裏側(右写真)の2つの平型オス端子のうち,上が「+」,中央が「-」です。

090704_1.jpg 090704_2.jpg

取付けにはボルボスキーさんの記事を参考にさせていただきました。
>>> 「240にアンテナSW」

まずは配線を用意します。
複線コード(ダブル電線)を50~60cmとり,片端には平型端子のメスとメスを各結線(⇒スイッチ側),もう片方にはギボシ端子のオスとメスを各結線(⇒分岐接続側)します。

090704_5.jpg

車のコンソールパネルを外します。
コンソールは下写真の の位置にネジがあります。
正面4点はトルクスT-25,左右はトルクスT-30とマイナスドライバーです。
なお,正面の下2点はシフトのカバーが邪魔になるので,写真のように先に外す必要があります。

090704_3.jpg 090704_4.jpg

次にグローブボックスを外します。
こちらはプラスドライバーだけでOK。

年式による違いはあるかも知れませんが,水色のコードのギボシが配線を分岐するポイントです。

090704_6.jpg 090704_7.jpg

テスト結線したところ。
通電チェックで問題なく作動しました。

090704_8.jpg

あとはコンソールの適当な位置にスイッチを取り付け,配線すれば完成。
グローブボックスやコンソールパネルなどを元に戻して無事作業完了しました。

3年越しの願いが叶った!笑

090704_9.jpg

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[今回の費用]
 ・ 純正アンテナDOWNスイッチ(中古) ¥3,000

[現在の走行距離] 148,880km

SHARE

-3 Comments

岬めぐり says...""
信号待ちの間に窓を開けてアンテナをしこしこ・・・。
そんな車を乗ってるオイラに言わせてもらえばアンテナが自動で伸びるだけでも贅沢な事だと思います、ハイ。
2009.07.08 19:27 | URL | #PooosTlY [edit]
シュウ says...""
■ 岬めぐり さん

”自動”も意外と不便で,アンテナが伸びないとiPodが聴けないっていう状態でした。
アンテナアンプの感度が良いせいか,結構周りの雑音を拾っちゃうんだよね。
スイッチでマストの強制格納ができるようなってからは,iPodのトランスミッターからの電波だけを拾うようになったのでかなり満足です。
2009.07.09 09:15 | URL | #MklatxYg [edit]
says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009.07.10 23:04 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/203-8773ac11
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。