VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ヒーターホースにバルブ増設

2   0

ボルボスキー さんの記事を拝見し,施工後の「クーラー効きます。」とのコメントに触発されて(笑),同様の水道工事を行うことにしました。

>>> 「ボルボ240のヒーターホースにバルブ増設 #1」

うちのTACKの場合,室内コンソールの温度調整レバーを目一杯「COOL」にしても温風が出てくるようになっていました。
温風が出るのは熱くなったLLCがグローブボックス奥のヒーターコアに流入し,ヒーターコアの熱で空気が温められるため。
240の温調レバーはこのLLC流入量を調整してヒーターコアの温まり方を調整するものなので,本来なら温調レバーを目一杯「COOL」にすればLLCの流れは完全に遮断され,ほぼ外気温のまま室内に送風されることになります。
ところが,この温調レバーで操作する本来のバルブが機能不全に陥ると,上記のように「COOL」に振ってもLLCが流れ込んでヒーターコアが発熱してしまうため,”温風が出てくる”なんてことになります。
この状態でエアコンをONにしても,エアコン本体は機能しているのに十分に冷たい風が出てきません。
根本的解決は温調バルブの交換ですが,バルブへのアクセスがものすごく大変なようで相当の費用がかかります。
いっそのことLLCラインの別の箇所に新たなバルブを設置して流れをコントロールできれば,理屈的には同じ効果が期待できます。

ということで,今回は運転席の足もとに出てくるLLCライン(ヒーターホース)にバルブを増設する工事をします。

*** 注意 ***
バルブ増設によるウォーターポンプやヒーターコアなどへの影響が確認,保障されているものではありません。
後日想定外のトラブルが発生する可能性もあることに十分留意し,施工は自己責任のもと行ってください。


必要な部材は次のとおり。
すべてホームセンターで揃います。

090808_2.jpg ← ボールバルブ(口径13mm)

090808_1.jpg ← 分岐栓ユニオン(ホース内径15mm) @2

090808_5.jpg ← シールテープ

090808_4.jpg ← ホースバンド(12~22mm) @2

090808_3.jpg ← ロングノーズ・バイスプライヤー @2

材料が揃ったら,事前にボールバルブの両端にシールテープを巻いて,ユニオンを接続しておきます。
左右でネジの形状が異なりますが問題なさそうです。

090808_6.jpg

以下,本体工事です。

*** 注意 ***
施工は必ずエンジン冷却時にしてください。


ヒーターホースの位置は,運転席の足もと。
アクセスにはセンターコンソールの側面カバーを外すだけです。

090808_7.jpg

ヒーターホースを5cm程度切断してバルブを挿入します。
ピンチコックを持っていなかったので,切断予定箇所の前後にバイスプライヤーをかませてLLCを止めました。

あとは思い切ってホースをカットします!笑
ホースを切り取ったら,ユニオンを接続したボールバルブを組み付けてホースバンドで留めるだけ。

090808_8.jpg

次のとおりテストしました。

① 増設バルブも温調バルブも全開 → 温風確認
② 増設バルブ全閉,温調バルブ全開 → 冷風(外気温)確認
② 増設バルブも温調バルブも全閉の状態でエアコンON → 冷風確認

後になってユニオン側にシールテープを巻いていないことに気づきましたが,テスト時に水漏れはなかったのでOKとします。笑

*** 注意 ***
両バルブ「開」の状態では増設バルブが高温になります。
必要に応じて周辺の養生をしてください。


コンソールカバーを戻して,40分程で工事完了。
カバーにある隙間から手を入れればバルブの操作ができるのでとても便利です。

090808_9.jpg

日中少しだけテストする機会がありましたが,確かに良く冷えるようになりました。
リスクがない訳ではないものの,施工は簡単ですし,費用対効果も大きいですね。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[今回の費用] ¥4,018
 ・ ボールバルブ(口径13mm) ¥1,480
 ・ 分岐栓ユニオン(ホース内径15mm) @2 ¥796
 ・ シールテープ 5m ¥50
 ・ ホースバンド(12~22mm) @2 ¥496
 ・ ロングノーズ・バイスプライヤー @2 ¥1,196

[現在の走行距離] 150,131km

SHARE

-2 Comments

yosi says..."さっそく実行"
少し前にボルボすきーさんの記事を拝見しました。
さっそく実行ですね。

こんな工作ができてしまうのが240の、(ある意味)スゴイところ、でしょうか。
自分も、不調になったら試してみます。って、楽しみにしてます。
2009.08.13 23:12 | URL | #- [edit]
シュウ says...""
■ yosi さん

こんにちは。
お怪我の具合はいかがでしょうか。

> さっそく実行ですね。

札幌は内地に比べて過ごしやすいとは思いますが,そういうこととは別に,エアコンの”機能不全”状態が見過ごせず施工しちゃいました。笑
そもそもついてないならエアコンなしでも一向に構わないんですけど,ついてるくせに機能を発揮していないのが以前から気になっていました。
とはいえ,本来のバルブ(温調レバー操作のバルブ)の交換は面倒過ぎるな~と思っていたところ,ボルボスキーさんの記事はまさに「目から鱗」でした。
施工後は本来の効きが実感できるようになりました。
日中はともかく日が沈むと寒いくらいですよ。
簡単な割に効果が大きいので,DIY派の方にはオススメです!
2009.08.14 16:22 | URL | #MklatxYg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/212-f9e986e1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。