VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ヴァナゴンで函館へ

6   0

11月22日,アマゾンさんからお借りしたヴァナゴンに家族を詰め込んで,久しぶりの函館旅行に行ってきました。

高速は使わず,国道230号線で一路中山峠を目指します。
この日は良い天気でしたが,午前中の気温は±0度前後。
峠道は濡れた路面が所々凍っていて危険な感じです。

091123_1.jpg

今回は人数も多いので,休憩のために道の駅をはしごしました。
最初の休憩は中山峠の頂上『望羊中山』
次男坊はハンドルをいじってご満悦です。

091123_2.jpg 091123_3.jpg

ヴァナゴンは出足は鈍くさいですが,4速に入ってからはほとんどアクセル踏まなくても惰性でずんずん走ります。
室内は広々なので長距離移動にはもってこいですね。
なお,助手席が回転して後ろ向きにもなるので,ちょっとした電車気分も味わえますよ。笑

さて,中山峠から喜茂別を抜けてルスツへ。
ルスツの先で国道230号線から道道97号線(「豊浦京極」線)へ入るのが近道。
国道230号線との合流地点で噴火湾にぶつかりますが,その合流地点のすぐ目の前にある道の駅『とようら』で2回目の休憩タイムです。

091123_4.jpg

道の駅は場所によって個性があっておもしろいですよね。
ちなみに,『望羊中山』から『とようら』までの間にも,ルート上に『230ルスツ』『とうや湖』という道の駅があります。

豊浦の先,長万部で国道5号線に合流して,あとはひたすら海沿いを南下します。
八雲町の手前あたりから駒ケ岳がきれいに見えました。

091123_5.jpg

函館手前の森町にある道の駅『YOU・遊・もり』で最後の休憩をはさみました。
ここの駐車場で240エステートと遭遇。
やっぱり良いフォルムですね。

091123_6.jpg 091123_13.jpg

出発が遅かったため,函館に着いたのは午後2時すぎでした。
着くなり遅い昼食ですが,またしても回転寿司の『函太郎』へ。笑
北海道の回転寿司店は全般にかなりのクオリティだと思いますが,とくにこの『函太郎』はおすすめできるのではないかと思います。
ちなみに,札幌近郊だと『和楽』が好きです。

091123_7.jpg

日帰りなのに午後2時着ではろくに観光もできませんが,とりあえず車でぐるっとひと周りしました。
そしてマニアックにこんなものを見物。笑
最初は四角柱だったんですねぇ。

091123_8.jpg 091123_9.jpg

最後に「まぁ,とりあえず函館来たんだし」ということで,名物ハンバーガーショップの『ラッキー・ピエロ』に立ち寄ります。
ここでちょっとしたハプニングが起こります。

チーズバーガーをオーダーしたところ,いきなり「カランカラン!」と鐘の音が。
つづいて「おめでとうございます!」と店員さんから謎の祝福を受け,「100人に1人の『ラッキーワン賞』です!」とますます謎の賞をいただくことに。
賞状と記念品の缶バッジをうやうやしく頂戴し,頼んでもいないソフトクリームを片手に,なんとなくえらくなった気分で帰路につきました。
『ラッキー・ピエロ』よ,ありがとう。

091123_10.jpg 091123_11.jpg

(ちなみに,「ラッキーワン賞」とは伝票番号1番になった人がもらえる賞だそうです。)
(ちなみにちなみに,ここのチーズバーガーはとってもおいしいです。)

ちょっといい気分なので,「濁川温泉」でひと風呂浴びてから帰ることに。笑
「濁川温泉」は森町にある天然硫黄泉。
国道5号線から看板を目印に山側へ入り,一本道をしばらく進むと山間に温泉宿がちらほら出てきます。
『ふれあいの里』という保養センターの日帰り入浴がおすすめで,「あれ?過ぎちゃったかな?」とちょっと心配になった頃↓のような看板が出て来きます。

091123_12.jpg 091123_16.jpg

日帰り入浴料は「大人500円/子供(4歳以上)250円」。
10枚綴りの回数券(無期限)が3,000円で購入できます。
お湯も施設も良いので,いつも地元の家族連れなどで繁盛しています。

さて,温泉を満喫したら本日のイベントはすべて終了。
あとはひたすら札幌に向かって走り続けます。
やっぱり函館は遠いですね~。
なんでいつも日帰りなんだろう?笑
それでも,初めての函館だった弟もそれなりに楽しめたようなので,まずまずのショート・トリップだったかな。

この日の走行距離は544.6km。
平均燃費としては約9km/L(11.0L/100km)でした。

091123_14.jpg 091123_15.jpg

ヴァナゴン...十分に快適でした。
街乗りだと燃費ととりまわしに”難あり”ですが,国産のミニバンにするくらいならヴァナゴン選びますね。
もちろん240乗り換えの予定はありませんけど。笑

SHARE

-6 Comments

aun says...""
日帰りで500キロは疲れますねぇ~
僕だったら急遽温泉一泊しそうです・・笑)
とにかく、事故も無く楽しめたようで何よりです。

因に息子のPOLOは街乗りで10Km/L弱ってとこですが・・
ハイオクってのがねぇ~ 苦笑)
2009.11.25 17:52 | URL | #qwOj4Czw [edit]
シュウ says...""
■ aun さん

いや~疲れました。苦笑
もちっと余裕があれば確実に1泊してました。笑
そうなると湯の川か大沼かな?

VWはなんでハイオクなんですかね?
ヴァナゴンならディーゼルでも良さそうなもんですが...苦笑
2009.11.25 22:18 | URL | #MklatxYg [edit]
aun says...""
ヨーロッパでのレギュラーのオクタン価が違ったような?
日本だとハイオクになる?
POLOの一押しは100Km/3Lを走るディーゼル。
もちろん、日本では未発表ですが・・苦笑)

それよりも鹿革の靴が非常に気になる僕です。
2009.11.25 23:06 | URL | #qwOj4Czw [edit]
シュウ says...""
■ aun さん

ディーゼルも最近ではコンパクトだし,排ガス対策も進んでるから,実用車なら無理にガソリンエンジンである必要ないですよね。
メルセデスなんかもヨーロッパではディーゼル車の人気が高いと聞いています。

「白なめし」の革って強度は高いのですが,無着色だと汚れやすいのが難点らしいです。
今回紹介したスニーカーも無着色で汚れは目立つと思うので,それを”普通に”履いてたらかっこいいですね。
2009.11.26 09:39 | URL | #MklatxYg [edit]
yosi says...""
ヴァナゴンでドライブだったんですね。

やはりヴァナゴンを選ぶでしょうね。いまどきの国産ミニバンじゃなくて。
四角くて、営業車のようなフォルムが好きです。
ある意味240に共通かも。
2009.11.27 00:09 | URL | #- [edit]
シュウ says...""
■ yosi さん

アマゾンの社長も,いまどきの国産ミニバンは所帯染みてて嫌だという人向けだとおっしゃっていました。笑
長距離移動でも腰が痛くなるようなこともなかったので,なかなか良いのではないでしょうか。
街乗り燃費は5km/L前後ですが...。苦笑
2009.11.27 09:20 | URL | #MklatxYg [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/233-8753a37b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。