VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

2012年春の集中整備⑤ タイミングベルト/テンショナー/カバー交換

0   0

タイミングベルトを交換します。
今回はベルトだけでなく,テンショナーと,前後3箇所のプラカバーも交換します。
必要なパーツ一覧。

[タイミングベルト(コンチネンタル製)]
120429_4_06.jpg

[タイミングベルトテンショナー]
120429_4_07.jpg

[タイミングベルトカバー(後方)]
120429_4_08.jpg

[タイミングベルトカバー(前方|下側)]
120429_4_09.jpg

[タイミングベルトカバー(前方|上側)]
120429_4_10.jpg

前方上側のカバーだけ,TACKから移植します。
他はipdで調達しました。

ベルトの新旧比較。
まだいけそうですが,いつ交換したのか不明でした。

120429_4_11.jpg

交換作業に入ります。
まずは後方のカバーを入れてからシャフト部にスプロケットを固定していきます。

120429_4_01.jpg

古いテンショナーはスラッジまみれでした。
テンショナーはタイミングベルトの張りを調整する大事な部品で,消耗品なのでベルトと合わせて交換するのが基本です。

120429_4_05.jpg

古いテンショナーから外したスプリングを山腰社長と二人がかりで新しいテンショナーに固定しました。
交換に先立ってテンショナーを外す際の注意点については,従前記事でご確認ください。
>>> 「2010年春の集中整備② ウォーターポンプ交換&シャフトシール交換(3点)」 (2010/03/20)

3箇所のスプロケットのタイミングマークを合わせてベルトの位置を決め,テンショナーで張っていきます。
コツさえ分かればDIYで十分できそうです。

120429_4_02.jpg

張ったらエンジンをかけて,少し回してからテンショナーを再調整します。
緩んでしまって,またアクセスしなきゃいけないのも面倒なのでここは念入りに。

ベルトが張れたら,前方のカバーを下→上の順に固定します。
しかしここで問題発生。
下のカバーが合わない!
見た目上の形は合っているし,部品間違いでもないのになぜか収まらない……。
メジャーで測ってみると,微妙にサイズが小さいようです。

[旧(純正品)] *内径:160㎜
120429_4_03.jpg

[新(ipd品)] *内径:157㎜
120429_4_04.jpg

「こんなこともあるんですね~」などと山腰社長と驚きつつ,幸い下のカバーはさほどダメージもなかったので古い純正品を再利用することにしました。
上の方も取り付けて交換完了。

作業もようやく先が見えてきました。(笑)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[今回の費用]  ¥5,188 (*送料を除く)
 ・ Continental|タイミングベルト&シャフトシール(カム/中間/クランク)セット $29.75[¥2,406]
 ・ タイミングベルトテンショナー $15.26[¥1,234]
 ・ タイミングベルトカバー(後方) $9.55[¥772]
 ・ タイミングベルトカバー(前方・下側) $9.60[¥776]
 ・ タイミングベルトカバー(前方・上側) ¥0 (*TACKより移植)

[整備日(2012/04/28)現在の走行距離]  212,935km

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/365-91a3b44b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。