VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

クーラント交換

5   0

LLCを交換しました。

じつは,以前からクーラントの劣化が気になっていたのですが,この夏も水温が上がるでもなく正常にクーリングしていたので,そのうちにサーモ交換といっしょに...と放置していました。
といっても,リザーバータンクを見るとひどく劣化していて,もはや何色のLLCだったのかも分からない有様。
おそらく,相当薄めて使用していたのでしょう。
本州なら問題ないかもしれませんが,ここは北海道。
冬の到来前にきちんとした濃度のクーラント液に交換しておかないと大変なことになります。
そこで,サーモはさておき,まずはクーラント交換することにしたのでした。

古いクーラントは,ラジエターのロアーホースを抜いて排出します。
エンジンブロックにドレインコックがついていますが,それではきちんと抜けきらないらしく,ロアーホースのジョイント部からの排水が良いようです。
しかし,クーラントがダダ漏れになるので,まず下に潜ってエンジンのアンダーガードを外し,バケツで受けます。

(じつはアンダーガードを外した際,アンダーガードが落っこちる寸前であることが判明したのですが,この顛末については後日,改めてお話しすることにします。)

さて,準備OKでローホースを引っこ抜くと...なんと出てきた廃液はまっ茶色!
劣化どころの騒ぎではありません。

060902_1.jpg

おそらく,LLCの濃度がかなり低く,おまけにエア抜きをきちんとしなかったためにエンジン内部が錆びてしまっていたのでしょう。
排出された水を見るとサビだらけで,リザーバータンクの内部もサビで赤茶けていました。
いままでよくこんな水で冷却できていたものです。
空恐ろしくなりますね...。

リザーバータンク内部を軽く洗浄し,水道水を2回循環させたところで排水はきれいになったので,新しいLLCを入れました。
「北海道専用」「原液のままご使用ください」との表示どおり,薄めずにドボドボと補充。笑
全量で4.5L~5Lは入ったと思います。

060902_2.jpg

適量入れた後,エンジンを回しながら入念にエアを抜いて,減った分を補充したら作業完了です。
想像以上にひどい状態で驚きましたが,ATF混入によるものではなさそうなので,今回交換してひとまず安心です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[今回の費用]
 ・ クーラント液(2L) @3 ¥1,584

[現在の走行距離] 106,432km

思い出して,オーナーズマニュアルを見てみたところ,なんとLLCは全量で8.5Lも入っているそうです!
そんなに入らんかったけど...苦笑

SHARE

-5 Comments

kuni says...""
おつかれさなま~~
で、指は大丈夫?(^^;

2006.09.03 00:15 | URL | #- [edit]
シュウ says...""
まだついてます!
クニさんこそ,大丈夫ですか?笑
2006.09.03 00:32 | URL | #- [edit]
トミレンガ says...""
質問お願いします(= ̄▽ ̄=)
エア抜きのやり方は、エンジンをアイドリング状態でLLCが循環するくらいまで暖めれば良いのでしょうか?
2006.09.08 18:52 | URL | #QPNeH1mQ [edit]
シュウ says...""
トミレンガさん,こんばんは。
LLCのエア抜きですが,リザーバータンクのキャップを外した状態で5分~10分ほどまわすと抜けます。
ホースをグニュグニュともむんでやって,リザーバータンクからエアが抜ける音がしなくなればOKです(最初はコポコポと音がしますよ)。
kuniさんから教えてもらいました(笑)。
2006.09.08 19:47 | URL | #- [edit]
トミレンガ says...""
シュウさん、丁寧にありがとうございます(= ̄∇ ̄=)
僕も今度挑戦してみますね!^^
2006.09.08 21:51 | URL | #QPNeH1mQ [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/37-b98a3af1
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。