VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

ハイビームが解除できない病

3   0

11万キロを突破したTACK君,突然妙な不具合を発症しました。

240の場合,瞬間的なかっこいいパッシングというのはできません。
パッシングレバーを手前に引いてハイビームとロービームの切り替えをする操作自体は国産と変わらないのですが,240では「ローか,ハイか」みたいなところがあって,一瞬だけハイにするということができない構造になっています。
とはいえ,夜道を譲ってもらった際などはパッシングで挨拶できるとよろしいなぁと思い,なんとかならんものかと練習などしてみたのが大きな間違い。
何度か連続で切り替え操作をしていたところ,突然ハイビームになったままロービームに戻らなくなり,計器盤のハイビーム表示灯も点きっぱなしに...苦笑

そんな症状は聞いたこともなかったのでいったい何が起こったのかと思いましたが,冷静に考えれば電気系のトラブルはいつも「ヒューズ,リレー,バルブ」と相場は決まっています。
そこで今回のトラブルを見直すと,第1に症状からいってバルブの可能性は低そうだと思いました。
左右両方が同時に切れるというのは考えにくいし,ローのフィラメントが切れたからといってハイビームが点きっぱなしになるということはありません。
第2に,調べてみるとヘッドライトはヒューズを経由していないことが判明。
となると,考えられる原因はリレーしかありません。

Dラーによると部品は取り寄せになり,部品代・工賃で1万円前後かかるとのこと。
経年劣化もあるだろうし交換は上策だと思うのですが,いつものケチケチ魂に火が点いてとにかく一度バラしてみることにしました。

ヘッドライトのリレーは,エンジンルーム内のLLC予備タンク脇にあります。
銀色の直径8cmほどのケースです。
車体には+ネジ2本で留まっているだけなので簡単にはずれますが,予備タンクが邪魔をするため柄の短いドライバーがあると便利です。

061215_1.jpg

裏を見るとドイツ製だと分かります。
銀色のケースを裏側のつめをこじってはずします。
中はこんな感じ↓

061215_2.jpg

061215_3.jpg

最初どんな仕組みになっているのか分からずしばらくいじくりまわしていましたが,ようやくおぼろげながら分かってきました。
3番目の写真の中央に黒い三叉の部品が見えていますが,この部分が左右に動くことによってその下の金属片が左右の銅接点に当たり通電する仕組みになっていて,これでハイとローを切り替えているようなのです。
そして問題の不具合箇所は,三叉部品の上にあって三叉を左右に振らせる役割を果たす棒状の部品にありました。
2番目の写真の右上の方に見えているくにゃっと曲がった棒です。
この棒に接する銅部品から出た緑青が棒の動きを悪くしていたようで,そのせいでうまく三叉を押し動かせずハイビーム側で固まってしまっていたのです。
何度か強引に動かしてやるうちに次第に動きが滑らかになり,最終的には本来の仕事ができるようになりました。

カバーを元に戻して車に取り付け,さっそくパッシングレバーを操作してみると今度は問題なく切り替わります。
リレーはDラーに発注済なのでいずれにせよ新品に交換しても良いかなとは思いますが,まずはDIYでクリアできたことと何にせよ勉強になったということでOKとします。
ちっぽけなリレーの,しかもなんとも貧弱な棒一本のせいで,夜間スモールもしくは遠目で走らねばならないなどという迷惑極まりない事態を引き起こすわけですから,クルマって面白い?ですね。笑

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

[現在の走行距離] 110,028km

SHARE

-3 Comments

says..."管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006.12.15 23:43 | | # [edit]
くにマン says...""
はじめまして^^先週240を手に入れた者です。治って良かったですね♪
2006.12.17 21:36 | URL | #- [edit]
シュウ says...""
ありがとうございます!
ただ今回はあくまで応急処置でして,部品自体の劣化は否めないため,部品が届き次第交換する予定です。

お車の調子はいかがですか?
2006.12.18 16:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/58-2ac6fb96
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。