VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

FRについて

0   0

FRは冬道NG...なのでしょうか?

最近「冬道にはFRよりも,FFあるいはAWDの方がより良い」という発想が,本当に真実なのかと疑問に思うことがあります。
この場合「より良い」という発想の根幹には,「より安全」ないしは「より快適」というファクターが存在しているものと思います。
そこで考えるに,確かに通常設計の乗用車はリアがフロントに比べて相対的に軽い訳ですから,FRの場合ツルツル路面ではグリップしにくい傾向にあり,スタート時や走行中などの安定性を欠くことは事実です。
その点,FFであればウエイトのあるフロント側で駆動するので,FRより安定してグリップするでしょうし,AWDともなれば格段に安定するでしょう。
とすると,冬道において「より快適」という点についていえば,やはりFRは一歩譲ることになりそうですね。

ところが,「より安全」というファクターで比較するとどうでしょうか?
実際問題,冬道の一番の恐怖はブレーキを踏んでも止まらないことです。
走らない車は安全ですが,止まらない車は危険です。笑
いくらAWDでストレスレスな発進や快適な走行は実現できても,止まる機械的な構造はFRと何ら変わらない訳ですから,むしろスピードを出しやすいAWDは,ドライバーサイドに過信がある場合には大変危険だとも言えます。
最近ではAWDの車種が増えてきているので,FRやFFを経験せずにAWDに乗っている若い方も多いようです。
特に北海道では,断然AWDの人気が高い。
そのせいか,スピードの出し過ぎや車間距離不足などが原因と思われるAWD車による事故も目立ちます。
走っていて,後ろにRV車などがついたとき,不用意に車間を詰められてヒヤヒヤすることもしばしばです。
統計的な数字を見た訳ではないのですが,RV車などを絡めた事故は良く見かけますし,本来滑りにくいはずのAWD車がFF車などと同等に事故を起こしているのですから,少なくとも「AWD=安全」とは言えないでしょうが,それでも「AWDは安全である」というような風潮があるのはなぜでしょう?
その点についての根拠は曖昧です。

一度でも冬道でFRを経験すれば,一見問題なさそうな路面状況でも一定度の危険性をはらんでいることは実感できると思います。
FRであれば,発進時や走行中(路面状況が変化したときなど)にいち早くその危険性を知らせてくれるのですが,FFやAWDは「より快適」であるからこそ,その危険性に気づくのが遅れ,ともすると慢心が事故を引き起こすことにもなりかねません。
特に運転初心者の頃からAWD車に乗ってしまうと,クルマの性能に対する過信は生まれやすいのではないかと思います。
FRはクルマの性能についての限界を常に認識させてくれるので,冬道での不用意な運転は危険であることをきちんと意識することができます。
制動性能はAWDもFRも一緒ですから,スピードは出せなくて正解なんだろうと思います。
そう考えると,不完全な人間にとって「より安全」と言えるのはむしろFRではないでしょうか。

なお,個人的にFFよりもFRの方が「より安全」だと思う点に,滑り出したときの対処のし易さがあります。
FRは滑りやすい路面のとき,早い段階でテールを振ってそれを知らせてくれるので,アクセルを戻すタイミングが早くなります。
その場合,あわてずアクセルを戻してカウンターステアをあてればテールは戻ります。
ところがFFが滑り出したときには,舵側(フロント)が滑っている訳ですから,最悪の場合何もできません。
さらに限界の高いAWDが滑ったときには,スピンも覚悟すべきです。

FR・FF・AWDはそれぞれに一長一短があるので,何をもって良しとするか,その判断は難しいところです。
ところが,前述のとおり「AWD=安全」のような過信があるのも事実でしょう。
とにもかくにも,FR車乗りの僕としては,AWDドライバーのみなさんにはもう少しスピードを落として,十分な車間距離を保った運転を心がけて欲しいと思います。

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/63-21c3e5fd
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。