VOLOTACK

ボルボ240の整備記録と日々のあれこれ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHARE

NUTEC NC-81 plus OIL-SEALING | 使用感と燃費のご報告

0   0

Mobil1(0W-40)の使用によりオイルドレンからオイル漏れを起こしたTACK。
先週末,ニューテックのオイルシーリング剤「NC-81 plus OIL-SEALING」を入れていました。
>>> 「Mobil1...その後」

それから1週間が経ったので,ここで使用後のフィーリングと燃費をご報告したいと思います。

まずオイル漏れは”おそらく”止まりました。
下にもぐって見ていないので正確には分からないのですが,目視では垂れていないようです。
もともとにじむ程度の漏れだったので,オイルの減りや駐車面跡からは判断できません。

ところで,シェブロン(10W-40)からMobil1に交換したとき,柔らかいオイルのおかげでエンジンの動きは断然滑らかになりましたが,同時に低速での加速及びパワー感にもの足りなさを感じるようになっていました。
経年磨耗でピストンクリアランスが大きくなった個体に柔らかすぎるオイルを使うと圧縮が不十分になる可能性があります。
240のB230エンジンはL型4気筒SOHC,2,316cc(ボア×ストローク:φ96.0mm×80.0mm)の低回転大トルクタイプで,1度に比較的多めの混合気を爆発させるエンジンであるということができます。
B230エンジンにとっては影響が大きいかもしれません。
柔らかいオイルを使うことでシリンダー内のピストンの動作はよりスムーズになり省燃費効果が期待できるのですが,一方で上記のような副作用も心配。
そこで,省燃費を実現しつつ圧縮漏れを防ぐ手立てとして圧縮漏れ防止剤の併用となりました。

シーリング剤の添加直後から低回転域でのトルク感はアップしました。
圧縮漏れの防止に効果を発揮したのは間違いなさそうですし,エンジンの軽い吹け上がりはそのままにパワーアップを実感できたのは嬉しい変化でした。
また添加後に違和感を覚えたこともないので,特別悪影響もないようです。

次に燃費について。
添加直後の6月3日から6月9日まで,満タン1回分の計測結果です。

  走行距離: 320.0km
  使用燃料量: 43.0L

  燃費: 7.44km/L

近距離(平均約40km/h,OD使用率約15%)が70%,長距離(平均約65km/h,OD使用率約80%)が30%で,エアコンは走行距離の約65%で使用していました。
街乗りが主でエアコンも使用していることを考えるとなかなかの結果だと思います。
シェブロン使用時は同等の条件(ただし,エアコン使用なし)でも6.5km/L程度でした。

燃費については様々な要素が複合的に絡んでくるので純粋にエンジンオイルの効果なのかは分かりませんが,上記のとおり使用感はかなり良くなったので添加剤の効果はあったように思います。
今後,高速なども含めて継続的に測定して判断したいと思います。

SHARE

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://volotack.blog69.fc2.com/tb.php/98-2ff98958
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。